åˇĨäē‹ãŽæ–°į€æƒ…å ą はãĒももį”Ÿæ´ģ

はãĒももトピック゚

ã‚ŋイトãƒĢバãƒŧ

į¯€åˆ†äŧšđŸ‘šīŧˆã†ã‚ãƒģさくらīŧ‰

 先æ—Ĩ、はãĒももäŋč‚˛åœ’ãƒģį¯€åˆ†äŧšã‚’čĄŒã„ãžã—ãŸã€‚äž‹åš´ã¯3æ—ĨãĢčĄŒã†ã“ã¨ãŒå¤šã„į¯€åˆ†ã§ã™ãŒã€å­Ŗį¯€ãŽå¤‰ã‚ã‚Šį›Žã§ã‚ã‚‹įĢ‹æ˜Ĩぎé–ĸäŋ‚で、äģŠåš´ã¯124åš´ãļりãĢ2æ—ĨãĢãĒãŖたそうです。

 子おも達から「おうしãĻ3æ—ĨじゃãĒいぎīŧŸã€ã¨ã€čŗĒ問があãŖたぎでčĒŦ明したぎですが、į†č§ŖできるようãĢäŧãˆã‚‹ãŖãĻé›Ŗしいですね(>_<)

 さãĻさãĻ、うめãƒģさくらįĩ„では、į¯€åˆ†ãĢ向けãĻéŦŧぎおéĸをčŖŊäŊœã—たり、éŦŧ退æ˛ģã‚’ã™ã‚‹čą†ã‚’æ–°čžį´™ã§æ‰‹äŊœã‚Šã—、æē–備は万įĢ¯ã§ã™ã€‚

 子おも達ãĢ、åŋƒãŽä¸­ãŽæ‚ĒいéŦŧも一įˇ’ãĢ退æ˛ģすることをäŧãˆã€č‡Ēåˆ†ãŸãĄãŽãŠã‚“ãĒところをį›´ã—ãŸã„ã‹čžã„ãĻãŋると「æŗŖきč™ĢãĒところ」「意地æ‚ĒãĒã¨ã“ã‚ã€ã€Œé‡ŽčœãŒåĢŒã„ãĒところ」ãĒお、č‡Ē分ぎæ‚ĒいところをåŽĸčĻŗįš„ãĢčĻ‹ãˆãĻいることãĢ銚きぞした。

 į¯€åˆ†äŧšãŒå§‹ãžã‚Šã€į”ąæĨやéŦŧぎč‹Ļ手ãĒもぎãĒãŠãŠčŠąã‚’čžã„ãĻいると、遠くからæŗŖきåŖ°ãŒčžã“えãĻきãĻ、子おも達は「éŦŧがæĨたīŧã€ã¨ã€įžŦ時ãĢ判断しãĻčēĢ構えãĻいぞした。「全į„ļへãŖãĄã‚ƒã‚‰ã€ã¨ã€æ„æ°—čžŧã‚“ã§ã„ãŸå­ã‚‚éĄ”č‰˛ã‚’å¤‰ãˆã€éŦŧã‚’åž…ãĄæ§‹ãˆãĻいぞした。

 éŦŧがį™ģ場すると、æŗŖきå‡ēしãĻしぞう子、å›ēぞãŖãĻしぞう子、一į”Ÿæ‡¸å‘Ŋ退æ˛ģしようとする子ãĒお様子は様々、éŦŧを退æ˛ģã™ã‚‹åˆč¨€č‘‰ã€ŒãŠãĢは、そとīŧīŧã€ã§åŋœæˆĻしぞした。

最垌はéŦŧとäģ˛į›´ã‚Šã‚’し、一įˇ’ãĢ写įœŸæ’ŽåŊąã€‚

č‡Ē分ぎåŧąã„åŋƒã‚’į›´ã—ぞすと、éŦŧとį´„束しãĻいる子もいぞした(#^^#)

↑